読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GXR

カメラ

Amateur Photographerの記事によると, Ricoh GXRは英国からもう発売終了しました. 未だに後継機の噂すらいなかった. 事実的, これは生産終了を黙認する事しか考えられないでしょう? Ricoh は今GRに集中し, GXR にはもう見るもない.

今でも私は GXR の失敗した理由はタイミングだと思います. 2009でした. もち2010年発表すればその運命が違うかもしれない.

GXRの重要な落ち度は三つあります. 一つはスペックが他の機体より劣る事. たとえば, S10 ユニットは LX5, LX7 に比べてレンズはとっても遅い.

二つは値段. もちろん, レンズ+センサーの仕組みだからユニットは μ4/3 のレンズよりも高い. それは仕方ない.

最初の二つは本当にどうにもならない本物の欠点かもしれないが, 三つ目のはちょっと違う. システムカメラだからきっと一眼レフやミラーレスに比べられたでしょう. ここには「レンズとセンサー一緒に代わらなきゃいけない」声がよく聞こえます. 一眼レフに比べたせいで一つに融合しないレンズとセンサー(たとえば A12 マウント) が求められます. レンズとセンサー一緒に代わるのはまず可笑しい… とそう思います.

しかし, 2010年には 天下の富士フィルム x100 が発表されました. 次々 APS-C センサーのカメラが表れて, アップグレードする時はセンサーとレンズを一緒に捨てる. しかし誰もそんな事に何も言わない.

今の値段なら, もし GXR はまだ続くのなら, ユニットの価格は他のカメラの半分くらいでしょう? ボディを持ってる人にとってはとってもお得な話だと思います. しかし, 生産終了は本当に残念でした.