読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・人生記録

各アプリを試して, また記事を更新します.

でわ… リストから始めよう. 試したアプリは…


始めに, Argus から. このアプリは運動系アプリです. 機能は主に数と時間を記録する. たとえば, 今日は何歩歩いた(加速度計を使う), 何杯の水を飲む, 体定則データ記録 (体重, 心拍, 体温), そして活動の時間(寝る, 通勤, 運動). ちなみに, 同じメーカーのアプリで心拍数と睡眠パターンを些細に記録する事も可能.

  • プラス点: 蜂の巣式データ表示が見やすい.
  • マイナス点: 活動タイプが限られる. ソーシャルメディアからデータをインポート出来なくて他のアプリも使う必要があります.

Chronos は行く処を記録するアプリ. 時間帯記録でも言える. 行った場所と居る時間を記録する. 特別な機能はたぶんノルマ, この機能と使って, 何日目標を達成する事か表示します. たとえば, 何日仕事に遅刻しないか, 何日充分眠ったか.

  • プラス点: とにかくシンプルです. ノルマ達成表はユニークです.
  • マイナス点: 電池消費が激しい. ノルマのリストが限られるため, 利用性も限られる. インターフェースがダサい (個人の意見です)

Memoir は主に「今」ではなく「過去」を表示するアプリ. そのアプリ手動に入力するデータに含んで四大SNSのデータもインポートしています. する事は一つだけ, 去年, 2年前この日に私は何をしますか? その質問を答えるだけ.

  • プラス点: はっきりな機能だから他の事を期待しません.
  • マイナス点: もっと他のデータ元が欲しい. Twitter インポートが遅い.

Momento は自動日記系. 四大SNSの他, 多数のサービス(RSS含んで)からデータをインポート出来る. ちなみに手動入力のテータにはタッグ, 場所, 時間のデータも入ります.

  • プラス点: 豊富なデータ元. タッグシステム.
  • マイナス点: データーエキスポートが無い.

Moves は前の記事にも書いたはず. そのまま使うアプリよりもデータ元アプリに見る方がいい. アプリ自体は行く処と歩数を記録するだけ. しかしそのデータは他のアプリにフィード出来て, 表よりも裏から動くアプリです.

  • プラス点: エコシステム. HealthVaultに連携します.
  • マイナス点: 電池消費が激しい. 運動量記録器があったらその機能が被ります.

Narrato は Momento と同じ自動日記系アプリです. データ元は限られますが, 広い時間帯にバラバラになったアイテムを束ねてジャーナル化する機能が好き.

  • プラス点: アイテムを束ねる機能. インターフェースがいい. クラウドバックアップ.
  • マイナス点: 自動インポートが無い. タッグが無い.

Rove は写真ダイアリーと位置記録. Chronos, Moves, Saga 同様にこのアプリはあなたの行く場所と時間を記録する. それに加えて携帯にある写真をインポートします.

  • プラス点: インターフェースがいい, というか気に入るデザインはNarratoとRoveだけだと思います. クラウドバックアップ.
  • マイナス点: 写真重要過ぎて SNS系の人には向いてないと思います.

Saga

  • プラス点: 豊富なデータ元.
  • マイナス点: 重い. インターフェースが読みにくい.

実は DayOne も試したい. でもあのアプリはガチ日記アプリですから遠慮しました. 私のメインの日記ははてなダイアリーにいるし, 二つの日記に同じ事を書くのはめんどすぎる.

たぶんこの後は OptimizeMeを試します. このアプリは結構高いのに, 私が使ってる Withings のデータを使えない. っていうかさ, Fitbit と Jawbone Up に比べてあからかに負けたじゃないですか? 連携アプリが少なすぎ.

結果的, たぶん 2, 3アプリを同時に使わなきゃ半分のデータしか記録出来ません. その中に二つに分かれば, 健康系(運動)と生活系(SNSなど)アプリが必要.