読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルスキットで皆平等

iOS8 の新機能の間に一番(私にとって)注目されるのはもちろんヘルスキットです.

ヘルスキットは一つの処で健康データを集めて各アプリに提供出来る. これはデータの安全とプライバシー重視の人もいますが, 私はその提供の部分を重視します.

例えば, 私の今使ったフィットネストラッカー(歩数計機)は Withings ブランド. もっと有名な Fitbit に比べてサードパーティサポートが劣るシステムです. API があっても他のアプリは Fitbit, Jawbone, Nike からしかデータを読めない. 理想的な状況ならアプリは全ての測定器をサポートするが, もちろんこれは無理でしょう. だったら仲介者が必要. この仲介者があれば各アプリは一つの元からデータを得られる. データ源の測定器もこの仲介者を通してアプリにデータを提供出来る.

なにより, 他のブランドに寝返りたい時はそのデータを一緒に移住出来ます.

しかし新しい故にサポートするアプリはまだまだ少ないと言うことでした.