読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反論

挙句 カメラ 意見

今日のイベントではもちろん師とする経験ある写真家があります. フォトウォークの後にこの人はシェアと意見を語った.

熱心ある写真家に当然な「難しい写真」の事を話した. 直接に「難しければ難しく程 写真が良くなる」とは言わないがまあ, その感じ.

それと真逆にして, 私自身は「気軽い写真」が好き. 自然に流れて欲しい物を撮る事. 確かにプロ志願な人はもっと努力が必要ですが, 写真を楽しみたいだけで重い気持ちを入れたくない人はこの気軽い方法の方が楽しいだと思います. 別に仕事とかプロ志願がないし, 外部からあんな事を認めて答えなきゃいけない理由がない.

あ, もう一つ「写真は撮ればいい, カテゴリは後で悩む」とその意見を勘違いしたらしい. 考えるなとは言わない… ただ自分のスタイルを他人が執着した定義に限れる必要がない. 何が「遠くから撮るなんて臆病者」とか「遠望レンズは邪道」とか「パターンが必要」とか「話しかけなきゃ無礼者」のような あんな「難しい」写真しか認めない奴の承認がいなきゃ「ストリートフォト」にならないの?

じゃあ, 自分流を作ればいいじゃないか? 写真は好きで撮ればいい, 仕事じゃあるまいし.